ヒューマニティーズセンター(HMC)とは?

ヒューマニティーズセンターとは

HMCは、人文学及び隣接諸分野における卓越した研究者により、部局横断的に新たな研究協創のプラットフォームを目指す連携研究機構です。その対象は思想・歴史・言語・文学・教育・芸術・建築・法律・政治・生活等、広範に及びます。

東京大学は創設以来、他の分野と同様、人文学分野においても多くの領域で日本ならびに世界の学術に大きな貢献を果たしてきました。また、現在地球規模で進行しつつある人類社会の急激な変化に対応するための学知として、人文学をコアとする新たな学問領域の創成が強く求められています。

そこで、2017年(平成29年)7月1日より、法学政治学研究科人文社会系研究科総合文化研究科教育学研究科情報学環東洋文化研究所史料編纂所総合図書館の8部局による連携研究機構として「ヒューマニティーズセンター(Humanities Center: HMC)を設置し、その責務に応えることとしました。

HMCは、LIXIL Ushioda East Asian Humanities Initiative(LIXIL潮田東アジア人文研究拠点)とHumanities Liaisonの2つの部門によって成り立っています。LIXIL Ushioda East Asian Humanities Initiativeは、複数の連携機関所属研究者の協働による「企画研究」と、連携機関所属の個人研究者の海外連携等を後押しする「公募研究(A)」・オンライン含む国際研究集会の開催支援をおこなう「公募研究(B)」を並行して推進するかたちで活動しています。連携研究者はフェローとして HMCに所属することとなります。一方のHumanities Liaisonは2020年度に新設された部門で、研究支援人材(URA)を配置し、既存の枠組みを脱してより広範に研究活動を展開させていくことを目指します。

ロゴのコンセプト説明

about-logo.png

ロゴの四角形は「情報」を表しています。また濃色のオレンジの四角形は「熟成した知識」を示します。各連携部局が連なり、情報を共有しながら、熟成した知識をHMCへ集約させるという理念を表現しています。

所在地・連絡先

東京大学ヒューマニティーズセンター(HMC)
〒113-8654 文京区本郷7-3-1
東京大学総合図書館内4階 
ヒューマニティーズセンター事務局 
humanitiescenter.utokyo[at]gmail.com