UTokyo-Cambridge Voices Series「歴史から見たCOVID-19: 政治と産業と救済」が開催されます

このたび、東京大学と英国ケンブリッジ大学との提携に基づく「戦略的パートナーシップ大学プロジェクト(ケンブリッジチーム)」の主催、東京大学ヒューマニティーズセンターの共催の形で、以下の通りセミナーUTokyo-Cambridge Voices Series「歴史から見たCOVID-19:政治と産業と救済」(COVID-19 in Historical Perspectives: Politics, Industries and Relief)を開催することとなりましたのでお知らせ致します。なお、セミナーは英語で開催されます。

ご関心のある方は、末尾の登録フォームより4月3日(日)までにお申し込みください。

  • 主催:戦略的パートナーシップ大学プロジェクト(ケンブリッジチーム)
    HOST: Strategic Partnerships Project
  • 共催:東京大学連携研究機構ヒューマニティーズセンター
    CO-HOST: Humanities Center, The University of Tokyo
  • 報告者 SPEAKERS:
    • サイモン・シュレター(ケンブリッジ大学歴史・公共政策教授、セント・ジョンズ・コレッジ・フェロー)
      ウィルスの後:過去からより良い未来への教訓
      Simon SZRETER (Professor of History and Public Policy, Fellow of St John's College, University of Cambridge)
      After the Virus: Lessons from the Past for a Better Future
    • 勝田 俊輔(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
      災害時の緊急医療――大飢饉時のダブリンの事例
      Shunsuke KATSUTA (Professor of History, The University of Tokyo)
      Emergency Medicine in a Time of Disaster: The Case of Dublin during the Great Irish Famine
    • 永島 剛(専修大学経済学部教授)
      日英における政府医官制度の歴史
      Takeshi NAGASHIMA (Professor of Economic History, Senshu University)
      Government Medical Officers in Historical Perspective: The Different Systems in Japan and the UK
    • 鈴木 晃仁(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
      食肉産業と感染症の歴史:1800年から現在までの日本・中国・欧米の事例
      Akihito SUZUKI (Professor of History of Medicine, The University of Tokyo)
      The Meat Industry and Infectious Diseases: Japan, China, Europe and US 1800-2020
    • 司会:鈴木 実佳(静岡大学人文社会科学部教授)
      CHAIR: Mika SUZUKI (Professor of English Literature, Shizuoka University)
  • 言語:英語
    LANGUAGE: English
  • 日時:2022年4月5日(火)18:00-20:00(日本時間)
    Date & Time : Tuesday, April 5, 2022, JST18:00-20:00, GMT10:00-12:00
  • 申込み:4月3日(日)締切で、下記の様式でお申し込みください。
    Registration : Please register below by April 3 (JST).