第29回

Peacekeeper Sexual Exploitation and Abuse, and Recent Developments and Cooperation between UN-AU Frameworks(平和活動要員による性的暴力・搾取における近年の動向、国連とアフリカ連合の協力の枠組みについて)

  • 日時:2020年11月20日(金) 17:30-19:30
  • 場所:Zoomによるオンライン開催。11月17日(火)締切で、下記の様式で申込みください
  • 報告者:キハラハント愛(東京大学 准教授)、ロシーン ブルケ、国際法コンサルタント(Dr. Ai Kihara-Hunt , Associate Professor, The University of Tokyo; Dr. Roisin Burke , Legal Consultant, United Kingdom)
  • 使用言語:英語(一部、日本語)

国連は平和活動における性的暴力・搾取に関して、なかなか個人のアカウンタビリティを確保することができずに来た。性的暴力・搾取に対応するための法的枠組み、政策、制度には、数多くの法的な問題が残っている。1990年代以降、特にメディアやNGOの報道により、この問題は公になった。また、数年前に中央アフリカ共和国で起きた一連の性的暴力・搾取の事件は大々的に報道され、国連の改革が行われるきっかけとなった。これらの問題に取り組む際には、これまで特に国連に焦点が当てられてきており、国連の権限を越えて行われる平和活動における同様の枠組みについては研究が進んでいない。今回の共同研究は、アフリカ連合の平和活動の文脈で性的暴力・搾取防止のための政策や枠組みを検証する。研究の問いは以下の通りである。国連の性的暴力・搾取に対処する枠組みの新機能は何か。アフリカ連合のアプローチは国連のアプローチとどのようの異なるのか。性的暴力・搾取のアカウンタビリティについて、両機関はどのような協力体制を築いているのか。このセミナーでは、これらの問いについて話し合い、平和活動における性的暴力・搾取のアカウンタビリティに取り組む国連とアフリカ連合の協力体制に関するプロジェクトの目標を設定することを目的とする。

The UN has been struggling to ensure individual accountability for sexual exploitation and abuse committed in peace operations. There have been numerous legal difficulties with the legal frameworks, policies and systems in place to respond adequately to such abuse. Since the 1990s, the issue has become more apparent, not least due to media and NGO reports. With the widely reported incidents of SEA in the Central African Republic several years ago, reforms have been made within the UN in order to mitigate SEA incidents. Particular focus to date has been placed on the UN when addressing these issues. Less considered are the parallel regulatory frameworks operative in the context of peacekeeping done beyond the remit of the United Nations. Therefore, we will exam emerging policies and frameworks for addressing SEA in the context of AU peace operations. We will ask: What is new in the UN's dealings with SEA issues? How different is the AU's approach from the UN's approach? How or whether they cooperate with each other in addressing SEA accountability? This seminar aims to discuss these questions and set the goal of the project on UN-AU cooperation in addressing SEA in peace operations, focusing on accountability.