第31回

ドイツ語から見た英語と日本語

開催が延期となりました。開催の日時等つきましては、改めてご案内させていただきます。

  • 日時:2021年1月8日 1月22日(金) 17:30-19:30
  • 場所:Zoomによるオンライン開催。2021年1月6日 1月20日(水)締切で、下記の様式で申込みください。
  • 報告者:稲葉治朗(東京大学総合文化研究科)

私の専門は言語学で、日本語や英語を始めとして言語一般に興味がありますが、ドイツ語も面白い考察対象だと思って取り組んでいます。ドイツ語は、英語と同じく西ゲルマン語群というグループに属し、当然のことながら英語との共通点は多く、例えば少し古い時代の英語は、現代英語よりもむしろ現代ドイツ語によく似ています。ドイツ語を学ぶことによって、英語の理解がより深まることにもなるわけです。他方でドイツ語は、系統的には全く関係のない我々の日本語とも、英語にはないような共通点を持っている面があります。本セミナーでは、英語を出発点としながら、主に文法的側面に関して、ドイツ語とはどのような特徴を持った言語なのかを紹介します。続いて、英語や日本語などとの比較対照により、言語間の相違点や類似点などを考えていきたいと思います。なお、聴講に際してドイツ語文法の知識は特に前提とはしません。