第41回

東アジアのなかの墓誌

  • 日時:2021年9月3日(金)17:30 - 19:30
  • 場所:Zoomオンライン開催
  • 報告者:
    • 稲田 奈津子(東京大学史料編纂所 准教授)
      「日本古代の墓誌と東アジア」
    • 田 衛衛(東京大学史料編纂所 外国人研究員)
      「吉備真備書〈李訓墓誌〉の発見とその意義」
    • 植田 喜兵成智(学習院大学東洋文化研究所 助教)
      「古代朝鮮関連の唐代墓誌とその研究動向」
  • コメント:王 海燕(浙江大学歴史系 教授)
  • 申込み:9月1日(水)締切で、下記の様式でお申込みください。
  • 主催:東京大学ヒューマニティーズセンター・東京大学史料編纂所
  • 共催:科学研究費基盤研究(B)「古代日本と朝鮮の金石文にみる東アジア文字文化の地域的展開」(研究代表者:三上喜孝)

残存史料の少ない古代史研究において、墓誌(死者の履歴などを記し、遺体とともに埋納された文字資料)は貴重な存在として注目されています。本セミナーでは、日本・中国・朝鮮の墓誌をとりあげ、その魅力の一端を紹介していきます。

  • 稲田 奈津子「日本古代の墓誌と東アジア」:
    現存する日本古代の墓誌は16点のみですが、それぞれに個性あふれる資料となっています。どういった人々が墓誌を作るのか、どういった内容が記されるのかを概観し、東アジアとの関係についても考えてみたいと思います。
  • 田 衛衛「吉備真備書〈李訓墓誌〉の発見とその意義」:
    近年公表された中国・唐代の役人である李訓の墓誌には、日本人留学生の吉備真備が書したと記されていました。日本のみならず中国でも話題となったこの墓誌について、発見の経緯を紹介しつつ、その歴史的意義を論じていきます。
  • 植田 喜兵成智「古代朝鮮関連の唐代墓誌とその研究動向」:
    近年、中国で出土した唐代墓誌には、百済や高句麗遺民のもの、あるいは朝鮮半島に赴いた唐人のものが発見され、古代朝鮮の史料的不足を補完するものとして期待されています。今回は、現在までにどのような墓誌が発見され、いかなる研究傾向にあるのかを整理し、今後の研究の可能性や方向性について論じます。