第76回

Nostalgia and fantasy in the making of heritage in Asia

  • Date & Time: Friday, August 5, 2022, 5:30 - 7:30pm (JST, UTC+9)
  • Venue: Online (via Zoom Meeting)
  • Speakers:
    • Johannes Widodo (National University of Singapore)
      'Nostalgia and heritage-making in Asian urban spaces'
    • Ryoko Nakano (Kanazawa University)
      'Meiji Nostalgia in Japan's Heritage Diplomacy'
  • Moderators: Lee Kah Hui and Akira Matsuda (both University of Tokyo, Graduate School of Humanities and Sociology)
  • Language: English(ディスカッションは日本語も可)
  • Host: The University of Tokyo Humanities Center
  • 日時:2022年8月5日(金)17:30 - 19:30
  • 場所:Zoomオンライン開催
  • 報告者:
    • ヨハネス・ウィドド(シンガポール国立大学)
      'Nostalgia and heritage-making in Asian urban spaces'
    • 中野涼子(金沢大学)
      'Meiji Nostalgia in Japan's Heritage Diplomacy'
  • モデレーター:リー・カーフイ、松田陽 (ともに東京大学大学院人文社会系研究科)
  • 言語:英語(ディスカッションは日本語も可)
  • 主催:東京大学ヒューマニティーズセンター

Registration:

Please register below(要事前登録)
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tZMpduutqDkvGdyCbUrbYAtmdu89pRYBgrC9

Abstract(概要)

Old stuff is reassessed as heritage when a great number of people identify with it. Nostalgia--by virtue of its capacity to sentimentally affect people--can thus be mobilised in this process for the making of heritage, be it local, national or international. However, nostalgia can also engender fantasy, which omits or distorts certain aspects of the past while idealising it vis-à-vis the present. In this Open Seminar, we discuss how nostalgia works in tandem with fantasy in the making and re-making of heritage in Asia.

古いモノやコトは、多くの人々がそこにアイデンティティを感じることによって、文化遺産となる。ノスタルジアは、人々の情緒に直接働きかけるがゆえに、この文化遺産の創出を促す―地域、国家、国際の次元を問わず。しかし、現在との対比を通して過去を理想化するきらいがあるノスタルジアは、かつての社会を都合良く(あるいは都合悪く)忘れたり歪めたりしながら、幻想も生み出していく。本オープンセミナーでは、アジアにおける文化遺産の生産・再生産の過程において、ノスタルジアと幻想がいかなる影響を与えているのかをあぶり出す。