オープンセミナー

第80回

3Dと人文情報学

  • 日時:2022年8月26日(金)17:30 - 19:30
  • 場所:Zoomオンライン開催
  • 報告者:
    • スーザン・シュライブマン Susan Schreibman(マーストリヒト大学教授)
  • コメント:
    • 小川 潤(ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター特任研究員)
    • 中村 雄祐 (東京大学大学院人文社会系研究科教授)
  • 使用言語:日本語・英語(日本語通訳付き)
  • 主催:東京大学ヒューマニティーズセンター
  • 申込:https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tZEsceCvrj8vGdUA6OykY4qbSmDCWWfSgMcQ

概要

書き言葉を確定し、そこに注釈を施すという伝統は幾世紀にもわたって存在するものです。そして、デジタル学術研究の最初にして未だに重要な領域の一つは、デジタル学術編集版の作成です。しかし、もし私たちが、仮想世界の何らかの対象や仮想世界全体の3Dモデルとして注釈対象となるテクストを考えるなら、何が起きるでしょうか。注釈と文脈化の対象が、書き言葉から、何らかの3Dモデル、すなわち、(彫刻から建造物、都市に至るまで)既存の対象を表現したものから、(古代遺跡の基底部や陶片のように)私たちが有する断片的なものを(再)創作したものに至る、何らかの3Dモデルへと移行した時、セマンティックな領域はどのようなものになるのでしょうか。たとえば、戦闘中に何が起こったのか(あるいは起こったかもしれないのか)、中世の教会の聖歌隊が数世紀をかけて再建され再構築される前にどのような音を出していたのかを理解するためにAIを活用するような、探索的、分析的、あるいはインタラクティブな注釈が行われるとき、3D世界に注釈を付与することは何を引き起こすでしょうか。このような学術研究を保存し、将来にわたり保証するためには、何が必要なのでしょうか。この講演では、約100年前にアイルランドで起きた戦闘を題材にした3Dデジタル学術版を事例として、こういった問題の一端を探求します。

There is a centuries-old tradition of establishing and annotating the written word. And one of the first and still key areas of digital scholarship is creating digital scholarly editions. But what happens if we think of the text to be annotated as a 3D model, either a model of an object or of an entire virtual world. What does the semantic field look like when we shift from annotating and contextualizing the written word to annotating and contextualing 3D models of anything from (re)presentations of extant objects (from sculpture, to buildings, to cities) to (re)creations of objects that we only have in fragmented form (such as foundations of ancient buildings or shards of pottery). What does annotating a 3D world entail when the annotation is exploratory, analytical, or interactive, such as the utilizing AI to understand what transpired (or what might have transpired during a battle) or how a choir in an mediaeval church sounded before centuries of rebuilding and reconstruction. What do we need to preserve and to future proof such scholarship? This talk will explore these issues , in part, using as an example a particular 3D digital scholarly edition centred on a battle that took place in Ireland around 100 years ago.